排水つまりの原因

排水の力で流しきれずに排水管のなかにゴミが溜まったり、油が固着してしまうことが原因で排水つまりが起こります。

排水つまりの際に、業者に依頼するか自分で解決するか、どちらがベスト?

程度が軽いなら自分でも作業可能

排水つまりの状態の程度であれば、業者に頼まずに自分で対処することも可能です。例えば、排水管に髪の毛がつまった程度であれば市販のパイプクリーナを用いる等して対処できます。トイレの詰まりならラバーカップを試してみても良いでしょう。自分で対処可能な軽微な不具合と判断できるケースです。

排水管へのダメージが大きい場合

排水管へのダメージが大きいと特殊な工具が必要であったり、必要な部品を交換するなど、工程が増え難易度が高くなります。無理して自分で修理を行うとしても、事態を悪化させたり無駄な作業となる可能性があります。このようなケースでは自分で修理するよりも専門の業者に作業依頼すべきでしょう。

キッチンの水が流れなくなる原因

修理

キッチンや浴槽、トイレなどは毎日使う場所です。水を使うだけに、劣化や汚れが激しい場所でもあります。また水を流すことで排水トラブルが頻繁に起こることがあります。台所は特に様々なものを流すことになるので、排水つまりが深刻です。ある日突然流しのシンクが水でいっぱいになり、流れないと嘆く人もいます。排水がつまり水が流れないと、食事も作れず洗い物もできません。こうした場合の原因の多くは、排水ホースや排水管にゴミが蓄積していたり油が固まって流れないということが多いです。しかし自分では修理することができず、専門業者を依頼することになります。しかしその業者をどうやって選べばいいのか、費用の相場もわからずに困惑する方が多いのも事実です。

業者をどうやって選ぶか

修理

排水のつまりで専門業者を依頼する場合には、マンションの場合であると管理組合や不動産業者に問い合わせして紹介してもらうのが賢明です。よくポスティングされている業者に依頼すると、スピーディーに作業に来てくれるものの費用を高く取られるケースも見られます。後になって後悔しない為にも、信頼のおける人から業者を紹介してもらう事が大事です。排水ホースの排水つまりの場合には真空ポンプを使ったり、排水ポンプの交換といった簡単な作業で完了するので、作業費用も6000円から8000円前後が相場になっています。しかし排水管のつまりがある場合は高圧洗浄機やトーラーといったワイヤーを入れていくのでその費用は高くなります。

キッチンが流れない原因と業者

水道

キッチンや浴室、トイレなどは毎日使い水を流す場所だけに排水つまりなどが問題になることがあります。とくにキッチンでは排水がつまって水が流れないと、料理も洗い物もできなくなり問題は深刻です。キッチンの排水がつまる原因は排水ホースや排水管にゴミや油が固まってつまるためです。こうした場合には、専門業者に依頼しなければいけません。それにはポスティング業者に依頼するのではなく、不動産業者や管理組合の紹介を受けて業者に依頼することが大事です。そのことで高く費用がとられるなどのリスクを回避することができます。

広告募集中